【栃木×サウナ】栃木では珍しいセルフロウリュ!?〜お丸山ホテル〜

栃木×サウナ

こんにちは!栃木の三段腹サウナーけすです。

会社の有給休暇を取得して、お丸山ホテルに行ってきたよ〜

実際にサウナを利用してみて

結論:最高!

栃木県で数少ないセルフロウリュができるサウナで、外気浴は青い空、森林、鳥の鳴き声聞きながら非日常を味わえました〜〜〜

ただ、サ室が無音なので、BGMがあるとよりいいなと感じました。またアロマ水が全くアロマの香りがなかったのが残念でした。

さいこうを目指したホテル 露天風呂とサウナを新設!

名前の由来は、公式HPによると【「さ、行こう」と言っていただけるような、地域のホテルを目指し「お丸山ホテル」と名前を冠しました。】とのことです。

素敵な名前ですね!

温泉は、日本三大美肌の湯

温泉をより堪能できるように、要望が多かった露天風呂とサウナを新設!

なんとお客様目線で素晴らしい!

いざホテルへ

ホテルに入ると、なんと大きな鯉のぼり!立派ですね(いった日は5月だったからである)

入って真っ直ぐ進むと受付があるので、日帰り入浴の旨を伝える。

支払いは現金のみ。(お気をつけて)

特に温泉の場所の案内はされず、温泉の場所はどこだ〜とキョロキョロ・・・

温泉へ行く廊下の壁には、小さな売店がありました。

ここで栃木のお土産が買えますね〜

ドリンクも売っていますので、入浴後の水分補給も安心ですね!

廊下を通り抜けると、温泉は2Fという案内が!2階に上がりまーす。

2階に上がると、温泉Onsen→の案内が!右に行きまーす。

大浴場つきました!いざ!!!

なんと運良く誰もいない。ちなみに金曜日15時30分。

脱衣所は広い!

着脱する服はカゴへ

貴重品は鍵付きロッカーがあるので安心です。

水回りも綺麗で清潔感があります。さすがホテル!!!

誰もいない貸切のチャンス!!秒速で服を脱いで急いで大浴場へ・・・

温泉は日本三大美肌の湯!

ホテルは栃木県さくら市喜連川にあります。

喜連川温泉の泉質は「ナトリウム塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)」です。

https://omaruyama.jpより引用

硫黄・塩分・鉄分を多く含んでおり、国内でも屈指の良泉質が認められ、「嬉野温泉(佐賀県)」「斐乃上温泉(島根県)」とともに「日本三大美肌の湯」に選ばれています。

温泉の質がよくお肌がスベスベになりました。

お目当て!セルフロウリュができるサウナ!

サウナ室について

サウナはフィランド式サウナで、 中温中湿なサウナでした。

アロマ水でセルフロウリュ可能!

ただし1回2杯まで、その後は30分間を空けることと注意書きありました。

1杯で心地よい蒸気に包まれ、2杯で激アツサウナになります。

アロマ水の補充時間は10時、12時半、15時、17時半、20時の計5回

私の時は補充時間になっても補充されませんでした・・・

布地のサウナマットはなく、サウナ室前にビート板と消毒液があります。

https://omaruyama.jpより引用

収容人数は余裕もって座って6人で、照明は薄暗くなっていました。

水風呂について

水風呂はなんと井戸水!

キンキンに冷えた井戸水が常に出ていました。

温度計がなかったので実際の水温はわかりませんが、体感では15℃ほど。

https://omaruyama.jpより引用

収容人数は余裕をもって2人。ただすごく冷たいので他の方とタイミング被らないかも笑

いざ、外気浴へ!

整いイスは計5脚!

目の前は森林があり、風で揺れる木々の音、鳥の鳴き声、青い空・・・

こんな非日常でととのえるなんて、サイコーーーーー!!!

まとめ

皆さんもぜひ非日常のととのいと日本三大美肌の湯を体験してみてはいかがでしょうか。

その際は、ぜひ栃木グルメも堪能してくださいね〜

ホテルの詳細

  • 公式HP
  • 日帰り温泉料金(大人料金) ※タオルは別料金
    • 平  日  10:00〜14:30 1,000円  
    • 平  日  15:00〜22:00 1,200円
    • 土日祝日  10:00〜14:30 1,200円
    • 土日祝日  15:00〜22:00 1,400円
  • アクセス
    • 栃木県さくら市喜連川5445番地1

最後までご覧いただきありがとうございました。

三段腹サウナー けす

コメント

タイトルとURLをコピーしました